(前回までのが読みたい人はここをクリック)

アフリカの夜


先日私はマラウィ湖の上の方、リビングストーニアと
ンカタ・ベイという所に3泊4日で遊びに行きました。
いやーきれいだったわよー。
リビングストーニアというのはMr.ロイスだか何だかいう人が
ミッション(宗教活動)のために来て作った小さな町なんだけど、
美しい家々や、洋風のキッチン、ヨーロッパテイストな町でした。
土から生えたようなアフリカン・ハットの村々とは大違い。
ちゃんと煉瓦作りで教会から病院まで揃っていて別世界のようでした。
朝御飯もレストハウスでおいしいパンケーキと紅茶が出ました。
夜になるとウォッチマン(夜の見張り番)が来て、
火をたき、アフリカの楽器、指ピアノを演奏しました。
彼は別に観光客のために演奏したんじゃなくて、
毎晩の日課だったみたい。自分のための。
何だか絵のようだったわ。
リビングストーニアは山の上の町なんだけど、すごく見晴らしがいいの。
空には星がごまんと光ってて、電気は切れてて、
大きな木の下でたき火が燃えていて、アフリカの老人が
低いつぶやくような声で歌いながら楽を奏でる。
すごく単純な7音ぐらいの楽器で、シンプルなメロディー。
黙って聞き入ってしまいました。
何だかとても「自然」なもの、作られたものでないもの、
を見た感じがしました。
アフリカに来てよかったなー。
これからもこういうのに何度も出会っるといいんだけど。

アフリカの忘れられない夜の一つです。
時を超えた時間でした。

Merry Christmas and a Happy New Year!!!


いつも読んで頂いてうれしいです。
ご感想やアフリカについて知りたいこと、何でもメイルして下さい!
お待ちしています。


Copyright(C) 2003 You and Africa. All Rights Reserved.