「Philetairus Socius」別名 ソシアブル ウィ−バー バード

左側が赤ちゃんで、親に食べ物をねだっているところ。
天才建築家のこの鳥は、わらを1本1本運んできては
巨大なアパートを作り上げます。
大きなものは、なんと300羽以上の鳥を収容します。
それぞれの部屋は握りこぶしぐらいの大きさで、 巣の
下部からチューブ状のトンネルでつながっています。
このチューブ内部のわらは、全て下向きに、しかも
内側に向けて編みこまれているので、
蛇などの天敵は侵入出来ません。

ナミビアは、このアーティストの本領発揮の場です。


巣の下を飛び回っているのが、芸術家本人。


行儀よく並んで。

 


大天使ミカエル

アフリカンハット


道路をはさんで




これが下から覗いた巣。


ウィ−バー鳥は主に昆虫を食べ、水を飲む必要は
全く!ありません。
だから極度に乾燥した場所でも、元気に飛び回る
彼らの姿をよく見かけます。


メールをおまちしていま〜す!
(ツアー中は、お返事が遅くなることがあります。)

Africa Now!を購読(又は中止)ご希望の方はここをクリック!



(前回までの話は、ここをクリック)


Copyright(C) 2003 You and Africa. All Rights Reserved.