アフリカの宝石、ナミビアに行きませんか?


「五感が震えるナミビアの旅」

地球がまるいこと,

地球が回っていること,

一億年も前の時と,

1000年後の時と,

そして、現在棲息する

ものたちのけだかさを

深く思った旅




メイルをお待ちしていまーす!
(ツアー中は、お返事が遅くなることがあります。)

Africa Now!を購読(又は中止)ご希望の方はここをクリック!



(前回までの話は、ここをクリック)







Copyright(C) 2003 You and Africa. All Rights Reserved.



10万頭のあざらし!!!


ナミビアを海沿いに飛んでいくと
冷たい大西洋と砂漠の間の海岸に、
いくつものアザラシのコロニーが
見られます。

その中でもケープクロスは、
南半球一の大きさ。
特に繁殖期の12月前後は
あたり一面アザラシ、アザラシで
足の踏み場もないとはまさに
このこと。しかもすんごい魚の
匂いと「ベーべー」という
泣き声で、鼻も耳も圧倒されます。
なんせ10万頭ものアザラシが
喧嘩したり、お互いを呼び
合ったりしてひしめきあって
るんだからすごい迫力。

この頃は赤ちゃんのアザラシも
山ほどいて、漁から帰ってきた
お母さんを見分けるのはお互い
の匂いと声に頼るらしく
そのせいか、寝っころがって
ない時は四六時中泣いています。

その中の一匹とふと目があったら
ママと勘違いしたのかちょこちょこ
ついてくるので かわいいけど
困りました。
母アザラシの匂いがしたのかな?