マラウィのマーケット

これは私達がアフリカのマラウィに暮らしていた時の古い写真です。

マラウィという国は大変貧しい国で、特に田舎の方ではなかなか物が手に入りにくく、 週に一度は首都リロングウェに向けて130kmを突っ走ります。
いろいろ書類仕事があるのと、銀行に行ってお金をおろしたり、 仕事に使う買い物をしたりするためです。
しかし、最も重要なのは、「フード・ショッピング」。
リロングウェで一番でかいスーパーに行ってもう買いまくります。
コーヒー、粉ミルク、蜂蜜、(時々チーズ、ベーコン)お茶、ビスケット・・・などなど。
何より重要なのがパン。村一番(じゃない国一番)おいしいパン屋に行って でかい奴を一週間分まとめて買います。
そして野菜。
マーケットに行って戦いを挑む。ジャガイモ、玉ねぎ、人参、にんにく(蚊よけにいいのよ)、 フルーツなど。
この値切り戦争はすっかりあたしの役目になったよーで、 マー坊(マーティン)はぼーっとしてるだけ。
あたしはケチな中国人と化して冷たく値段交渉に入ります。向こうもムズング(外人) とみると倍はふっかけてくるから大変。玉ねぎなんかは大5個入りで2MK(クワッチャ)が 正当なんだけど昨日は5MKとふっかけてきた。あたしは2袋で5MKまでまけさせたが、 10分以上かかったね。
もういいよ、別のマーケットに行くからって車に乗ろうとしたら やっと向こうも折れた。その調子で全ての買い物を済ませたらマー坊は一人で疲れていた。 お前は何もしていないっつーの。
こんなテクニック、日本じゃ何にもなんないけど、自分でも「成長したなー」と なんだか悲しい気持になりました。
本当はもっと大きいマーケットがあって、 そこでは値段はもっとフェアだし、品数も多いんだけど、遠いの。暑いし。 で、近場ですまそうとすると、戦いは避けられないし、やっぱり少し高く買わされちゃう。
ちぇっ。



マーケットで売っているこの食べ物は何でしょう?
答えをメイルして下さい。
正解者には、アフリカ・ミニ土産をもらえるチャンス! があります。


Copyright(C) 2003 You and Africa. All Rights Reserved.